今増えてきている家族葬【現代に合わせた葬儀法】

花

お葬式と宗教

線香

横浜でよく行われているのが、仏教やキリスト教式のお葬式です。仏教の場合は僧侶の読経やお焼香があります。キリスト教は献花や聖書の朗読がメインです。宗教ごとにマナーが違うので、葬儀に参列する前に宗教を確認しておくことが大切です。

宗教色がないお葬式

数珠

定番の仏式葬儀ではなく、宗教にとらわれない自由なスタイル、自分らしいスタイルでお葬式をしたいと思う人が増えています。奈良県でもその傾向があり、宗教色をカットした無宗教葬、自由葬、直葬などの人気が高まっています。

人気の葬儀法

葬儀

家族葬とは、遺族と親戚、親しい友人など、故人と親しい関係にある人達だけで行われる少人数の葬儀で、最近ではこの形を利用する人達が多くなってきました。この種の葬儀では限られた参列者だけなので遺族の心身の負担が少なく、また、故人の好みや性格に合わせた葬儀の内容を自由に選べることが多いという利点があります。また、小規模と言っても、通夜、葬式など基本的な流れは一般の葬儀と同じように行うことができるので、手抜きになることを心配する人達でも安心して利用できます。ただ、家族葬は新しい形式の葬儀なので、これに関してあまり知識のない親戚が違和感を覚えるような場合は、きちんと内容を説明することが必要です。また、この葬儀に呼ばれなかった人達がその後、故人のために訪問することもあり得ることは考えておいた方が良いでしょう。

家族葬を行おうと考える場合は、家族や親しい人達だけでゆっくりと故人のことだけを考えて見送りたいという場合が多いはずです。また、普通は、一般の葬儀よりも安い価格になるので、故人や遺族が葬儀にあまり費用をかけたくないと考える際に適している形式と言えます。さらに家族葬では忙しい人や遠方の人を呼ぶ必要がないので、迷惑をかけたくないと考える遺族ならばその点でも安心できますし、参列者の人選に関して悩むこともありません。そして、香典返しなど、一般の葬儀のときに必要となるような手間も省けるので、葬儀だけに集中できることになります。これからは葬儀の多様化がさらに進むことが予想されるので、利点の多い家族葬はますます需要が増えることでしょう。

密葬と家族葬の違い

葬式

昔はお葬式は派手にするほど故人の供養になると言われていました。しかし、最近は出来る限りひっそりと、地味にするのが流行です。大東市で人気なのが、密葬や家族葬など、遺族や親族・親しい人達だけで行う葬儀です。