密葬と家族葬の違い|今増えてきている家族葬【現代に合わせた葬儀法】

今増えてきている家族葬【現代に合わせた葬儀法】

メンズ

密葬と家族葬の違い

葬式

こじんまりとできる

最近は誰にも知らせずに葬儀をしたり、近親者のみで葬儀をしたりするのが流行っています。大東市でもそうで、密葬や家族葬など、限られた人達で故人を見送るスタイルが人気です。密葬と家族葬は似ているようでいて違います。大東市で密葬をする場合、最初に火葬を済ませてしまいます。その時に立ち会うのは遺族や親族など、故人と特に親しかった人達だけです。そして密葬が終わったあとに、故人の友人や知人達に死亡したという事実を伝えます。密葬が終わってしばらくしてから、ホテルや会館などで「お別れ会」を開くのが一般的です。家族葬の流れは普通のお葬式と同じです。通夜、葬儀、告別式とあり、最後に火葬をします。このような流れをスムーズに行なうためには、葬儀会社との打ち合わせが重要となってきます。そのため、葬儀を行なう前にきちんと話し合っておくようにしましょう。

最低限のマナーを守る

従来の葬儀形式とは異なる密葬や家族葬ですが、現在では形式に囚われない葬儀を望んでいる人が急増していることもあり、大東市の葬儀会社でもニーズに合った葬儀プランを提供しています。リラックスして参加できるといっても弔事に変わりないので、最低限のマナーを守ることが大切です。大東市でお別れ会や家族葬などがあると、遺族のほうから「平服でいらしてください」と言われることがあります。平服といってもTシャツや短パンなどのラフな格好はNGです。男性ならスーツ、女性ならフォーマルなワンピースを着用して行くのがお勧めです。