お葬式と宗教|今増えてきている家族葬【現代に合わせた葬儀法】

今増えてきている家族葬【現代に合わせた葬儀法】

メンズ

お葬式と宗教

線香

宗教ごとに違う特徴

宗教によってお葬式のスタイルが違います。日本では9割以上の人が、仏教に沿った仏式葬儀を行っています。横浜市でも仏式葬儀を選ぶ人が多いです。基本的に「通夜・葬儀・告別式」という流れにそってお葬式が行われ、読経やお焼香があります。生前キリスト教を信仰していた人が亡くなった場合、キリスト教式のお葬式が行われます。横浜でキリスト教式の葬儀をする場合は、横浜の教会でするのが一般的です。本来キリスト教のお葬式では通夜はありませんが、日本では仏式の通夜にあたる「通夜の祈り」「前夜式」「通夜のつどい」などがあります。お焼香の代わりとなるのが白いユリの花の献花です。その他に神父による聖書の朗読、参加者による聖歌や讃美歌の斉唱などがあります。

宗教別のマナー

横浜市でお葬式に参列する際には、事前に宗教を確認することが大切です。お葬式では、宗教のマナーに従ってふるまう必要があるからです。不祝儀袋の表書きは、仏教なら御霊前や御仏前、キリスト教なら御ミサ料や御花料などが一般的です。香典は横浜市内の通夜会場の受付で手渡します。その際にはお悔みの言葉を述べるのがマナーです。仏式葬儀であれば、「このたびはご愁傷さまでした」が定番です。キリスト教式葬儀の場合、仏教とまったく死生観が違います。死によって永遠に神のもとに召されることになるので、感謝すべきこととされています。そのため、ご愁傷さまなどと言うのはタブーです。「安らかなお眠りをお祈りしております」というのが無難です。