宗教色がないお葬式|今増えてきている家族葬【現代に合わせた葬儀法】

今増えてきている家族葬【現代に合わせた葬儀法】

メンズ

宗教色がないお葬式

数珠

自由なスタイルが人気

昔ながらの形式にとらわれない、自由なお葬式が奈良県で人気です。奈良県では昔からお葬式の約9割が仏式葬儀です。しかし、最近は宗教色を一切カットした「無宗教葬」や「自由葬」をする人も、じわじわ増えつつあります。無宗教葬の場合、仏式葬儀の定番である僧侶の読経やお焼香などはなく、気軽に参加できるのが魅力です。また、生前の故人の趣味をお葬式で表現することも流行っています。音楽が好きだった人には、音楽葬が人気です。お葬式中に好きだった音楽をかけたり、オーケストラの生演奏で故人を見送る葬儀スタイルです。海が好きだった人には海洋葬、山が好きだった人には樹木葬があります。お墓ではなく海や山への散骨は、自然が好きな人に好まれています。

最小限のコストでする方法

宗教的な儀式を一切しないという意味では「直葬」も人気です。直葬は火葬をするだけの最小限のお葬式です。直葬という言葉が出来たのは最近ですが、火葬だけする葬儀スタイルは昔からあります。火葬のみというのは、昔は経済的に苦しい人がするものでした。しかし、今は経済的な理由だけではなく、ただ時間をかけたくない、宗教色を出したくないという理由から、直葬をする人が多くなっています。直葬は奈良県でもする人が多くなっているお葬式です。お葬式といっても火葬をするだけなので、とても経済的です。奈良県なら10万円〜30万円ほどが直葬の葬儀費用の相場です。火葬場の利用料や火葬費用なども含まれていることが多く、最小限の予算で故人を見送ることができます。